メンタル鍼灸イントロダクションセミナー

190728メンタル鍼灸

基本情報

開催日 2019/07/28
会場 愛知
~精神疾患に対する鍼灸治療~

詳細情報

日時 2019年07月28日(日)13:30~17:00(受付13:00開始)
会場 オフィスパーク名駅プレミアホール&会議室306
〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅南4-5-27 大一名駅ビル3階
対象 鍼灸師、医師、学生
参加費 7,000円
定員 30名
講師 米倉 まな 先生 / まな鍼灸堂院長、日本良導絡自律神経学会本部理事
ご案内チラシ メンタル鍼灸イントロダクションセミナー

セミナー内容

①座学:メンタル疾患に基礎知識

・精神疾患の内訳(うつ病・パニック障害・自律神経失調症など)

・患者さんを取り巻く環境について

②実演デモンストレーション:メンタル鍼灸

・カウンセリング~鍼灸施術~施術後のケア

開催後のレポート

●セイリン担当者 名古屋営業所所員より

皆さん、こんにちは。

7月28日(日)に名古屋で

「メンタル鍼灸イントロダクションセミナー」

が開催いたしました。

東海地区だけでなく関東からも応募があり、

計23名の方にご参加いただきました。

まず、自己紹介も兼ねた参加型の

ワークショップから始まり、

互いの価値観を共有する大切さ、

メンタル疾患を診る上で

大切な考え方を学びました。

前半は精神疾患を持つ患者様に接する上で

必要な事項として、患者様が不安に思う

課題についての理解、

就労支援や傷病手当金などの制度についての

正しい知識を分かりやすくご講義いただきました。

また、後半からは実際に来院された患者様へ

どのようなカウンセリングをしているか、

どういった施術をしているかを実演デモン

ストレーションにて解説していただきました。

今抱えている患者様について、

臨床現場で直面するリアルな悩みについての

質問が多く上がりました。

講義を受けた受講者からは

「患者様の中にすでに当てはまるような方々もいると

強く感じました。鍼灸師全員の基礎知識として

広げるべきだと思った。」と現場における

メンタル鍼灸の必要性を感じる声も上がっていました。

2017年12月より一般企業では

「ストレスチェック」が義務化され、

メンタル疾患の低減を国として推奨している今、

その受け皿として鍼灸が多いに必要と

されていくことは明らかです。

次回のセミナー開催の声も多くいただいており、

満足度の高いセミナーだったと感じております。

講師の米倉まな先生、ご参加いただきました皆様、

告知等ご協力いただきましたメイプル名古屋様へ

心より御礼申し上げます。

ありがとうございました!

●講師:米倉 まな 先生より

セミナーにご参加いただいた皆様、

ありがとうございました。

本日の内容を皆様の参考にして頂けましたら幸いです。

メンタル疾患を診る上で重要となってくるのは、

病にフォーカスするのみではなく、

その方の背景を知る事だと考えています。

表面にある疾患に対するアプローチはもちろんのこと、

その方の核となる困りごとに

本人さん自身の力で気づいてもらうのか。

鍼灸師として社会的背景も

包括的に知っていただければと、

今回はイントロダクションセミナーと

させていただきました。

今回は担当者さんにも社会問題ともなっている

メンタル疾患にスポットを当てていただいて、

感謝しております。

これからも一人でも多くの患者さんの

救済が出来ればと考えております。

今回はこのような機会を与えていただき、

本当にありがとうございました。

まな鍼灸堂 米倉まな

●参加された受講者のみなさまより

(女性K.I)

色んな角度からお話をいただき、

とても勉強になりました。

自律神経疾患の治療に興味を持てました。

(男性K.O)

治療だけでなく各種制度を伝えることができたり、

同等に話がきけるように知識を持つことが

必要だと感じました。

(男性T.S)

あらためてメンタル鍼灸の必要性を感じました。

オキシトシンのことや、実際の施術を

見ることができとても勉強になりました。

190728メンタル鍼灸 190728メンタル鍼灸 190728メンタル鍼灸 190728メンタル鍼灸

このエントリーをはてなブックマークに追加