運動器疾患と可動域制限に対するアプローチ

運動器疾患と可動域制限

基本情報

開催日 2019/08/04
会場 大阪
~パイオネックスを活用し可動域を広げる~

詳細情報

日時 2019年08月04日(日)13:00~16:00
会場 森ノ宮医療学園大学 201号室
〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北1-26-16
参加費 鍼灸師/5,000円 学生/2,000円
講師 中野 正得 先生 / はり・灸・小児はり中宮院院長
ご案内チラシ 運動器疾患と可動域制限に対するアプローチ

セミナー内容

・頸部~足関節部までの計10か所に対し

パイオネックスを使用しアプローチ方法を学ぶ。

「頸部側屈、前屈、後屈、回旋」「五十肩」

「腰部前屈、後屈、側屈、回旋」「ぎっくり腰」

「手根管症候群」「腱鞘炎」「膝関節」「オスグッド」

「シンスプリント」「足関節捻挫」

・パイオネックスを使用して治療技術を身に付ける

実技中心のセミナー。

 

※実技は2人ペアで実施し、学生は被験者及び見学となります。

開催後のレポート

●セイリン担当者 大阪営業所所員より

19名の先生方にご参加頂き、

運動器疾患と可動域制限に対するアプローチの

セミナーを開催させて頂きました。

今回のセミナーは実技が中心となり、

ペアを組み各部位の可動域制限を確認しあい、

可動域制限がある患部の圧痛や硬穴を探し

JSPで鍉鍼、その後にパイオネックスを貼付しました。

可動域制限が緩和され先生方からも

多くの質疑応答が飛び交い

充実したセミナーになりました。

講師の中野先生が治療効果を体感して頂く事により、

患者様との信頼関係を構築する事ができ

鍼灸治療へのリピートに繋がると言われていました。

中野先生、貴重なセミナーをして頂き

ありがとうございました。

 

●講師:中野 正得 先生より

「事実は理論の勝る」、「事実こそが科学」を

モットーに明日からすぐに使える治療法を

お伝えさせて頂きました。

受講された先生方が大変熱心で

実技が大変進めやすかったです。

本セミナーが宝になるかは先生方の

今後の取り組み次第です。

参加された先生はこのセミナーで学んだ事を

忘れずに実行して頂きたいです。

 

●参加された受講者のみなさまより

(女性 K.C)

治療にすぐ使える事が盛りだくさんで、

とても役に立ちました。

(男性 M.K)

セミナーで学ぶ内容が目からウロコでした。

目に見えて治療効果が分かったので驚きました。

(女性 S.S)

とても分かりやすく、効果が感じられたので

すぐに使える内容で良かったです。

時間が短く効果が出る理論までは

理解できませんでしたが、今日色々と教えて

頂いた事を覚えて自分の物にしたいです。

20190804運動器疾患と可動域制限 20190804運動器疾患と可動域制限 20190804運動器疾患と可動域制限

このエントリーをはてなブックマークに追加