頚肩腕痛に対する鍼灸

頚肩腕痛

基本情報

開催日 2019/08/04
会場 東京
~診察法と効果を導く刺鍼部位と刺入深度~

詳細情報

日時 2019年08月04日(日)13:00~17:00 (受付12:00~)
会場 セイリン株式会社 東京オフィスセミナールームA・B
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-16-5ヒューリック神田ビル 7階
参加費 一般6,000円 / 学生3,000円
講師 粕谷 大智 先生/東京大学医学部付属病院リハビリテーション部 鍼灸部門主任
ご案内チラシ 頚肩腕痛に対する鍼灸

セミナー内容

今回は、頚肩腕痛に対する鍼灸治療をテーマとして

座学と実技を交えてお話ししていただきます。

具体的には、頚部の深層筋である後頭下筋群や

中斜角筋からの肩甲背神経のアプローチについて、

病態からみる解剖学的部位の触診、

効果を導く刺鍼部位と刺入深度について解説していただきます。

※実技の際、学生の方は見学となります。

開催後のレポート

●セイリン担当者 東京営業所所員より

セイリン株式会社東京オフィスにて、

頸肩腕痛に対する鍼灸セミナーを開催致しました。

講師に東京大学医学部附属病院

リハビリテーション部鍼灸部門主任の

粕谷大智先生をお招きし、

当日は定員24名満席での開催となりました。

セミナーご案内後すぐに定員に達してしまい、

キャンセル待ちとなった方も多くいらっしゃいました。

ご参加できなかった方は申し訳ございませんでした。

講義前半の座学では、頸肩腕痛症候群の定義・概念、

頚部背中の痛みに対する診断方法について

解説して頂きました。

エコーを使用しながら筋の動きをみる動画、

スライドなど誰が見てもわかりやすく

説得力のある内容でした。

後半の実技では、鍼灸・手技以外でのアプローチが

なかなかしづらい後頭下筋群の大後頭直筋、

下頭斜筋と斜角筋からの肩甲背神経への

アプローチについて触診、実技を交えて

解説していただきました。

また、斜角筋へのアプローチの際には

弊社の鍼電極低周波治療器picorina、

セラミック電気温灸器を体験していただきました。

どちらもソフトな刺激を体感していただき、

皆さんリラックスされているようでした。

是非、今後の臨床に役立てていただたければ幸いです。

その後の懇親会も12名の方にご参加いただき、

終始和やかな雰囲気で終わりました。粕谷先生、

ご参加いただいた受講者の皆様ありがとうございました。

●講師:粕谷 大智 先生より

頚肩腕痛は鍼灸臨床でも治療頻度は高く、

その病態により他の治療より効果を

出しやすい症状も存在します。

医療の中で鍼灸(師)の求められるものは、

専門職として役割の提示です。

今回は頚部の深層筋である後頭下筋群や

中斜角筋からの肩甲背神経のアプローチについて、

解剖学的部位を触診し、刺鍼部位・刺入深度を決め、

効果に導く方法について、実技を中心に皆さんと学びました。

また、セイリンの菊地さんが幹事を務めた懇親会も

盛り上がりました。

先生方との飲みニュケーション楽しかったです。

●参加された受講者のみなさまより

・粕谷先生の教え方が本当にわかりやすく、

とても勉強になりました(30代 女性)

・今回も実技が多く有意義なセミナーでした。

明日からの臨床に是非つなげていきたいです。(20代 女性)

・病院との連携がとれているところの強みを

改めて感じるとともに、もっと普及して欲しいと思った。

施術も大切だが、言葉で説明し納得しながら

進めていくのはとてもよいことがわかった。(30代 男性)

190804頚肩腕痛 190804頚肩腕痛 190804頚肩腕痛

このエントリーをはてなブックマークに追加