KiikoStyle 古典から学ぶ精神疾患に対する霊枢「本神(穴)篇」 ~小腸が変われば心が変わる~

KiikoStyle古典から学ぶ

基本情報

開催日 2019/10/20
会場 福岡

KiikoStyle

詳細情報

日時 2019年10月20日(日)13:00~17:00(受付12:30~)
会場 エイムアテイン博多駅前貸会議室 5H
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-25-24 八百治ビル5F
対象 鍼灸師、鍼灸学生、医師
参加費 鍼灸師、医師8,000円/学生5,000円
定員 25名
講師 清藤 直人 先生 / 大阪府鍼灸師会理事、KiikoStyle研究会West代表
ご案内チラシ KiikoStyle 古典から学ぶ精神疾患に対する霊枢「本神(穴)篇」 ~小腸が変われば心が変わる~

セミナー内容

精神科病院大国と言われる日本。

世界の中で5人に1人が精神科に掛かっていると言われる。

抗精神薬がメインの疾患ももちろんあるが、薬と鍼灸を併用した方が良い疾患もある。

松本岐子先生は、「経穴には必ず意味がある」と言われる。

KiikoStyleの特徴の一つに、経穴から編み出させる治療法というものがある。

古代中国の鍼灸師たちは、知ってか知らずか左背外側前頭前野の位置に「正営」と名付けた。

そのツボの意味とは?

今回テーマとなる「本神穴」、霊枢「本神篇 第八」とあるが、それを紐解くと、人間の本来が見えてくる。

なぜ精神的に弱るのかは「本神」が教えてくれる。

本神篇を知れば、本当の自分に会えるという。

開催後のレポート

●セイリン担当者福岡営業所所員より

10月20日(日)にKiikoStyle古典から学ぶ精神疾患に対する霊枢「本神(穴)篇」~小腸が変われば心が変わる~を開催しました。

KiikoStyleセミナーは福岡で4回目となりますが、いつも来て下さるリピーターの先生、今回が初めての先生もお越しいただき、楽しいセミナーになりました。

先生のデモンストレーションでは、どんどん身体が変わる様子がわかり、驚きでした。

難しいお話も多かったですが、講師の清藤 直人先生の真面目な話と面白い話であっという間に終わった様な感覚です。

今回、お越しくださいました先生方、清藤 直人先生、本当にありがとうございました。

Photo

さぁいよいよセミナーのスタートです

●講師:清藤 直人 先生より

このたびは、「本神(穴)篇」のセミナーを受講していただき、ありがとうございました。

福岡は今年で4回目となります。

毎度、福岡の受講生には頭が下がります。

参加してくれる先生方は、主に九州なのですが、沖縄も入れば、広島、山口、小倉といったところからも来ていただき嬉しく思います。

半分以上は福岡から来ていただけましたが、会場まで1時間以上かかって来ました、と言う先生も大勢いて、熱心さが伝わってきた今回のセミナーでした。

今回のセミナーは精神疾患でしたが、キイコスタイルが始めての方でも聞いて理解できるように構成したつもりでしたが、受講者の声を聞くと、後半の内容のほうを、もっと充実してほしかったと耳にしました。

前半を、今回のテーマに沿って実技を交えて行いましたが、キイコスタイル初心者も多かったため、後半は基本処置、そして患者の診かた、治療手順、腹診、刺鍼といった実技を行いました。

Photo_2

デモンストレーション実技で分かりやすく説明していただきます

 

というわけで、4年やっていますが、リピーターの先生が多かったことと、キイコスタイルの治療を学びたいから今回来た、という声が多かったのに気づきました。

そこで、次回もまた企画していただけるなら、今回のことを踏まえて、最新の松本岐子先生の治療法をお伝えし、さらに基本処置といった、必須のやり方で本治法と標治法を行い、キイコスタイルで、どう治療していくかをお伝えできるような講座にしたいと考えております。

Photo_3

これからのセミナーも見逃せないですね

 

是非、次回に期待しておいてください。

最後に、半数以上の参加者は、白石桃子さんが営業で案内してくれて集まった先生方です。

このセミナーは白石桃子さんの尽力なくして成立しませんでした。

この場を借りて、感謝申し上げます。

ありがとうございました。

Kiiko Style研究会 代表

清藤直人

 

 

●参加された受講者のみなさまより

(男性T・N)

ずっと興味があり、その第一人者の先生から直接お教え頂き大変満足しております。

(男性F・K)

近頃、ストレス、うつ系の患者がよく来院されるので、今度に役立つ内容だったので良かった。

(女性H・K)

鍼を受けられる方は心がおつかれの方が多い印象なので今回のセミナーで学んだことをさっそく活かしていきたいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加