長鍼を用いた骨盤周辺に対する治療法

長鍼を用いた骨盤周辺に対する鍼治療

基本情報

開催日 2019/11/24
会場 東京

詳細情報

<td折橋式美容鍼灸年間セミナー

日時 2019年11月24日(日)13:00〜17:00
会場 セイリン株式会社 東京オフィスセミナールーム
〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-16-5ヒューリック神田ビル 7階
対象 鍼灸師
参加費 7,000円
定員 16名
講師 李 清恵 先生 / 美容鍼灸の会美真会 認定指導員
ご案内チラシ 長鍼を用いた骨盤周辺に対する治療法

セミナー内容

実技と座学の二部構成です。

長鍼の基本的な治療から、一般的な施術に

長鍼治療を加えることで効果を高める

ワンステップ上の治療法までカバーします。

座学:骨盤周辺に対する長鍼使用により

症状の緩和が期待される「大腿神経痛」、

「股関節症」、「坐骨神経痛」の

3疾患について学びます。

実技:講師の指導の下、参加者同士で

施術をおこない、長鍼を使用した治療法を

実践的に学びます。

開催後のレポート

●セイリン担当者東京営業所所員より

セイリンのGタイプを用いた長鍼セミナーを開催いたしました。講義では腰回りの各疾患別に実技と座学がセットになっていて、

座学で学んだ内容をすぐに実技で確かめられる実践型のセミナーでした。実技では実際にセイリンのGタイプ(3寸)を使用して施術を行いました。

参加された先生方は講師の李先生の指導の下、鼠径部や脚にGタイプを横刺して可動域を広げたり、コリを取ったり、

通常の治療からスポーツ鍼灸にも使える技術を熱心に習得されていました。実技は2人一組で行いましたが受ける時は緊張されている先生もいらっしゃいました。

しかし実際に受けてみるとGタイプが長鍼の中でも痛みが少なく刺激がソフトだと好評でした。鍼先の丸いSP鍼加工であることが痛みや過剰な刺激の軽減になったようです。

セミナー終了後にはすぐに長鍼活用法を臨床に取り入れたいという先生が多数いらっしゃいました。

講師の先生と記念写真を撮影されて帰る方も数名いらっしゃる等、終わった後も熱気が冷めない充実したセミナーでした。

 

●講師:李 清恵 先生より

長鍼の活用法を習得していただけてとてもうれしいです。参加された先生の多くが普段あまり長鍼を使用されないとのことでしたが、

とても熱心に講義を受けておられました。実技では参加者の皆さんが熱心に質問してくださり講師としてもとても楽しいセミナーでした。

終了後には参加された先生が臨床に取り入れるとおっしゃっていただけたのもとても嬉しかったです。

 

●参加された受講者のみなさまより

(男性 K・I)

長鍼を使った治療は初めてでしたが、治療方法を増やすことができて良かったです。

(女性 A・U)

最初は長鍼の施術が怖かったですが、意外に太い鍼の方が治療し易かったです。

(男性 K・H)

施術部位の細かい説明から刺鍼時の指導まで丁寧に教えていただきとても勉強になりました。臨床でも早く使える内容でとても良かったです。

191124長鍼を用いた骨盤周辺に対する治療法 191124長鍼を用いた骨盤周辺に対する治療法 191124長鍼を用いた骨盤周辺に対する治療法

このエントリーをはてなブックマークに追加