オンラインセミナー 税理士から見る公的支援を賢く活用した経営対策

基本情報

開催日 2020/08/02
会場 オンライン

お申込み多数につき受付を終了いたしました

詳細情報
日時 2020年08月02日(日)13:00~15:00 (受付12:30~)
会場 zoomによるオンラインセミナー 
対象 鍼灸師・柔整師
参加費 2,000円
定員 30名
講師 多田 陽子 先生/多田陽子税理士事務所 代表
お申込み <お申込みを終了しました>

セミナー内容

鍼灸師を夫に持ち、税務・経営・雇用など多角的に支援をおこなう税理士の多田陽子先生をお招きします。

①鍼灸・柔整院経営者が知らないと損をする公的支援制度のご案内

 数ある支援策の中から的を絞った鍼灸院・整骨院経営に活用できるものを判断しお伝えします。

②治療院の〇〇にも補助金申請ができる!?整骨院のモデルケースを基に小規模企業持続化補助金の解説

 返済しないで良い資金調達補助金について具体的な活用方法と、利用可能な条件と申請書類の書き方についてお伝えします。

現状に悩まされている方は必見です。未来を見据えたビジョンの描き方、そのために今やるべきことは何かを学びましょう。

開催後のレポート

●セイリン担当者 福岡営業所所員より

8月2日(日)オンライン上で「税理士から見る公的支援を賢く活用した経営対策」セミナーを実施しました。

全国から多くの先生方にご参加いただき、距離を問わない特性を活かすことができました。

予期せぬコロナの影響で、治療院経営において様々な形で影響を及ぼしている中、専門的な視点での今後の経営予測をお話しいただき、業界的にも新たな視点が必要なことに気づきが持てた様です。

又、小規模持続化補助金の申請書の書き方は実際の記入例を用いてよりも、具体的で申請が通りやすくなるポイントまで教えて頂き、受講者も非常に分かりやすかったと満足度の高いセミナーとなりました。

 

●講師:多田 陽子 先生より

この度は貴社セミナーの登壇者としてお選びいただき、誠にありがとうございます。

今回は新型コロナ関連の支援策と、特に小規模持続化補助金の概要、申請書の書き方を中心にお話させていただきました。

患者さんと直接触れる鍼灸治療において、非対面の対応は大変難しい問題です。ですが、この機会に今後の事業の方向性や新規アイデアを考えていただき、補助金を利用して前向きなチャレンジへ繋げてもらいたいという思いでお話させていただきました。

最後にオンラインセミナーということで全国の先生方に熱心に聞いていただき大変貴重な経験となりました。ありがとうございました。

 

●参加された受講者のみなさまより

(男性Y・T)税理士業界の話しと、税理士から視た我々の業界についての話しが大変興味深かったです。むしろそちらの話しを沢山聞きたかったくらいです。我々の業界のことに理解を持ってお話ししてくださる税理士の先生の存在は大変貴重だと考えます。次回以降機会があればまた是非参加させていただきたいです。ありがとうございました。

(男性A・K)申請する場合にどのように記入すれば良いのか、例を用いて説明して頂けたのでイメージしやすく、参考になりました。

(男性A・H) 具体例をふまえて持続化補助金申請に関するコツを説明していただき、WEBだけでは理解できなかったことがよく理解できました。是非申請してみようと思います。貴重なセミナーをありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加