オンラインセミナー Gtypeイントロダクションセミナー

Gtypeイントロダクションセミナー ~ 腸骨筋へのアプローチ ~

日時 2021年9月26日(日) 13:00~16:00(オープン 12:30)
会場 「Zoom」によるオンラインセミナー
対象 鍼灸師、学生
参加費 一般3,000円/学生1,000円
定員 90名
講師 小川泰伸 先生 (小川鍼灸治療院 院長)
お申込み 下記お申込みフォームよりお手続きください。

セミナー内容

今回の題目は「Gtypeのイントロダクション及び腸骨筋へのアプローチ」です。
講義では従来の病態把握に関する内容(筋肉による関連痛の違い、急性症状や慢性症状の治療の使い分けなど)を症例毎に説明する事に加えて、リスク管理も含めた安全なGtypeの使用方法のレクチャーを実施します。
これから長鍼を使ってみたい方におすすめの内容となっております。

 

※本セミナーはWeb会議アプリ「Zoom」を使用したオンラインセミナーです。

 

開催後のレポート

●セイリン担当者 東京営業所所員より

・本セミナーは講師に小川鍼灸治療院の、小川泰伸先生をお招きし、オンラインセミナーを開催させていただきました。

講義前半では、「どうしたら臨床で長鍼を使えるようになるのか」をテーマに進めていただきました。先生方が長鍼を使用するにあたり抵抗としてよく挙げられる質問10点を事前に小川先生からご紹介いただきました。長鍼を使う際のリスク管理、触診の感覚を養うポイント、患者様への施術後の効果検証などについて解説いただきました。

講義後半では、JSP5×50、Gtype8×75を用いて腸骨筋への刺鍼方法について収録動画を基にご説明いただきました。質疑応答では受講者の方からのご質問が非常に多く、小川先生の臨床経験でのお話も交えながら回答いただきました。今回で3回目のオンラインセミナーとなりましたが、今回のセミナーでも改めて鍼灸師としてあるべき姿、術者の感覚の重要性について学ぶことができました。

常に学ぶことに対する好奇心、治療に対する謙虚な姿勢など小川先生のお人柄を感じることのできたセミナーでした。講師を務めてくださった小川先生、ご参加された受講者の方々、ありがとうございました。

・本セミナーは講師に小川鍼灸治療院の、小川泰伸先生をお招きし、弊社製品Gタイプを使用したセミナーを開催いたしました。

「どうしたら臨床で長鍼を気軽に使えるようになるのか」をテーマに進めていただき、従来の病態把握に関する内容(大腰筋、腸腰筋への刺鍼方法、押し手、触診のポイントなど)を症例毎に説明する事に加えて、リスク管理も含めた安全なGタイプの使用方法のレクチャーを実施しました。

小川先生の臨床での試行錯誤、過去の症例などをお話していただき、長鍼は「長いから痛い」というその考えを施術者自身が払拭することの重要性を学びました。講義中も質問が非常に多い印象で、小川先生は受講者とのコミュニケーションを大切にし、質問にも自分の経験も踏まえた解説をして頂いて、受講者も納得されている様子でした。今回の内容はイントロダクションなので、すぐに現場で活用するのは難しいとは思いますが、実際に施術を行うイメージを持つことが出来た講義だったのではないかと感じました。

講師を務めていただいた小川先生をはじめご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

●講師:小川泰伸 先生より

この度は、zoomでのセミナー講師を勤めさせて頂きましてありがとうございました。セイリン様、担当の菊地様、齋藤様ありがとうございました。そして今回も、貴重な週末にも関わらずお時間を作ってくださった受講者の先生方&学生の皆さんありがとうございました。

今回も私自身が大変勉強になりました。何より嬉しかったのはたくさんの質問を頂けたことです。やはり興味を持って頂けることはうれしいですし、私自身も楽しむことができて本当によかったです。zoomを利用してのセミナーは独特で、ご参加いただいた先生方の反応を読み取るのが私にはまだまだ力不足でしたが、次回以降に繋げていきたいなと思っています。

今後ともよろしくお願いします。

 

●参加された受講者のみなさまより

(女性 R・I)まだ鍼をうつ事すら、恐怖心や不安があるので、長鍼を治療に使用している先生の長鍼についてや深く刺入する事に対しての考え方を聞く事ができて、とても勉強になりました。ありがとうございました。

(女性 M・K)お話が分かりやすく、臨床を通しての経験はとても参考になりました。また先生のセミナーに参加したいです。本日はありがとうございました。

(女性 S・T)臨床での現場の話をおり混ぜながら講習がわかりやすかったです。ありがとうございました。

 

こちらのセミナーは終了いたしました。
このエントリーをはてなブックマークに追加