オンラインセミナー 初めての婦人科疾患セミナー

セミナー概要

開催日 2021/07/11
会場 オンライン

初めての婦人科疾患セミナー ~これから婦人科疾患を取り扱う方向けの基本編~

日時 2021年7月11日(日) 13:00~16:00(オープン 12:30)
会場 「Zoom」によるオンラインセミナー
対象 鍼灸師、学生
参加費 一般 4,000円 / 学生 1,000円
定員 90名
講師 小井土 善彦 先生 (せりえ鍼灸室院長)
お申込み 下記お申込みフォームよりお手続きください。

セミナー内容

この講座では経絡を利用した治療方法を学んでいきます。
婦人科疾患の症状を治療する方法は何通りもあり、患者様によって施術のツボ選択や刺激量が異なり、少しの刺激で体を変えるにはどのようなツボを使うのか。
座学では、婦人科疾患の基礎知識や問診~施術後までに、患者様と接するうえで配慮していることなど。
実技では、弊社製品J15SPとセラミック電気温灸器を活用した治療法について実技動画を交えながら解説します。
これから婦人科疾患を取り扱う先生はもちろんスキルアップを目指したい先生にもオススメの内容です。
※本セミナーは「zoom」を使用したオンラインセミナーとなります。

開催後のレポート

●セイリン担当者 東京営業所所員より

せりえ鍼灸室院長の小井土善彦先生を講師に招き、初めての婦人科疾患セミナーを開催致しました。

座学では、月経困難症や不妊症の基礎知識と問診~施術後までに、患者様と接するうえで配慮していることから、臨床現場で使用できる東洋医学の陰陽について確認しつつ、実技では、弊社製品のセラミック電気温灸器を活用した治療法について実技動画を流しながら治療する時に意識している触診方法を解説していただきました。

今回のセミナーではセラミック電気温灸器を使用した治療方法をメインとし、私自身も発見が多く、例えば手ぬぐいを巻いて使用することで、さらにマイルドな刺激になるように調節するなど、新たな使い方をレクチャーして頂きとても勉強になりました。

ご参加いただいた皆様の治療にご活用いただければ幸いです。この度は、ご講演いただいた小井土先生、ご参加下さいました皆様、誠にありがとうございました。  

 

●講師:小井土 善彦 先生より

今回のセミナーでは、婦人科疾患の基礎知識と診断点としてのツボについてお伝えしました。

臨床では、レッドフラッグと鍼灸の適不適を判断する必要があり、現代医学の学習と専門医との連携が欠かせません。実技では、教科書に記載されている臓腑経絡理論を用いた治療方法をご紹介しました。治療点だけではないツボの意味を理解するきっかけになれば幸いです。知識は2~3年、技術は5~10年かけるつもりで習得してください。現在、Webを活用した実技講習会を企画中です。ご興味のある方は当院のインスタをフォローしてください。  

 

●参加された受講者のみなさまより

(K・S女性)婦人科疾患中級編や不妊などのテーマでまた今後またやってほしいです。

(T・M女性)解剖学的なご意見は参考になりました。東洋医学での主観的な感覚に、私自身慣れていないので、臨床に取り入れたいと思いました。

(O・K女性)詳細な情報とわかりやすい説明して頂きこちらもとても理解しやすかったです。特に女性疾患に焦点を当てた診断法など学校で習わないので大変勉強になりました。

 

こちらのセミナーは終了いたしました。
このエントリーをはてなブックマークに追加